image1
image2
image3
image4
image5
Previous Next

消費者の方に安心して食べてもらえる豚肉を生産したいと、1990年(平成2年)、地域の養豚農家が集まり「観音池ポーク研究会」を設立したのが弊社の始まりです。原料となるエサには安全で安心できるものを使いたいと研究の末、自然由来の炭素飼料「ネッカリッチ」を採用。豚肉独特の臭みが少なく、やわらかい肉質を作ることを実現しました。 安全性を重視するため、医薬品残留検査などの生産情報を積極的に公開、また近年では食品工場から出るパンの耳などを原料にしたエコフィード(リサイクル飼料)も導入。美味しさと安全性、環境面に配慮した豚づくりを行っています。

banner1
image12
image13
image14
image8
image9
image10
image11
image15
image16

はじめに

消費者の方に安心して食べてもらえる豚肉を生産したいと、1990年(平成2年)、地域の養豚農家が集まり「観音池ポーク研究会」を設立したのが弊社の始まりです。原料となるエサには安全で安心できるものを使いたいと研究の末、自然由来も炭素飼料「ネッカリッチ」を採用。豚肉独特の臭みが少なく、やわらかい肉質を作ることを実現しました。 安全性を重視するため、医薬品残留検査などの生産情報を積極的に公開、また近年では食品工場から出るパンの耳などを原料に霜降りの多い豚肉を作るエコフィード(リサイクル飼料)も導入。美味しさと安全性、環境面に配慮した豚づくりを行っています。